読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下達郎アコースティックライブ@新宿LOFTに行ってきた

タイトル通りの記事を書きます。LOFT40周年の記念として行われた山下達郎さんのアコースティック・ライブに行って参りました。達郎さんのMCによれば6万人ほどの応募があったとのことで、倍率100倍!!(昔のようにLOFTで当日券を売れば暴動が起きてしまうの…

1・2月近況

音楽 一番衝撃的だったのは山下達郎のライブで、短期間に2回行ったがまったく色褪せず。60代とは思えない声と歌の笑ってしまうほどの迫力に3時間の長丁場を一瞬に感じた。ヒット曲を出し惜しみせずジャンジャン披露するミュージシャン根性にも頭が下がるが、…

2015年間ベスト

今年は全然音楽聞けませんでした!映画も新作の10倍くらい旧作ばっか見てたので歯応えのない年間ベストになってすいません。 年間ベストアルバム Kendrick Lamar / To Pimp a Butterfly Soichi Terada / Sounds from The Far East KOHH / DIRT Kamasi Washin…

『東京パフォーマンスドール~ダンスサミット ネイキッド2015夏』を観てきた

東京パフォーマンスドールのイベント、『ダンスサミット ネイキッド2015夏』に最近通っている。3クールに分かれており、1クールにつき6回公演をするのであるが、俺はそれぞれの最初と最後へ行くことにした。今これを書いているのは第2クールの2回目が終わっ…

2014年間ベスト

アルバムベスト D'angelo & The Vanguard / Black Messiah 銀杏BOYZ / 光のなかに立っていてね シャムキャッツ / AFTER HOURS KOHH / MONOCHROME YG / My Krazy Life Kassem Mosse / Workshop 19 Prince / ART OFFICIAL AGE Moodymann / Moodymann Run The J…

10/16

ジャージー・ボーイズ これに関してはもうもしまだ見ていないのであれば、とにかく劇場に走って駆けつけて見て下さいよとしか言い様がない。映画には面白い面白くないという基準があってそれは重要だとも思うけれど、このクリント・イーストウッドの最新作は…

「東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏~DANCE SUMMIT"1×0"ver1.0~」を観てきた

「東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏~DANCE SUMMIT"1×0"ver1.0~」の東京公演をO-Eastで観てきた。2回。14日と29日だ。 ところで俺が彼女たちに注目することになるきっかけは今年の6月29日に行われた"PLAY×LIVE『1×0』アンコール公演"の千秋楽に行…

The 30 Best Tracks of the Decade

Pitchforkが2010-14のベストトラック200とベストアルバム100をやっていたので取り急ぎトラックの方を選んでみました。100も200もここで書いても誰も見てくれないと思うのでぐぐっと数を抑えて30曲選んでみます。あくまでも自分が音楽を駒にしているのではな…

8/3

目が覚めてiPhoneを眺めると、時間は目覚ましが鳴る予定だった頃よりだいぶ早くて5時間ほどしか眠れなかったようだが、不思議と疲れはほとんど無かった。前日の銭湯が効いたのかもしれない。いい時間になるまで他人の家の蔵書をダラダラと読んでいたのであま…

8/2

キャリーケースを持ちながらこの猛暑の中でも絶対にマスクを外さない目元の鋭い少女たちと、ビビッドなカラーのTシャツを着用しタオルを首からかけた男たちが乗り合わせたこのゆりかもめという電車は一体どうなってしまうんだろう、なんていうことを考えなが…

7/21

とりあえずゴタゴタが終わったので、最近は本を読んだり映画を見ていたりしている。コーマック・マッカーシーやトマス・ピンチョンの未読(まあ既読の方が少ない体たらくであるのだが……)のやつをダラダラと読んだり、増村保造の激しい人間賛歌に胸を打たれ…

6/26

アイドルでなくなってしまったアイドルについて何も言わないこと以外に誠実な態度で接する方法というのは存在するのだろうか。好きだったアイドルが去ってしまうことについて、何かを誠実に語ったりせめて恥ずかしくないことを言おうと思ったりもするのだけ…

また観てきた

唐突だが7,000円という金額が自分にとってどれほど価値があるものかと言えば、まず中古のCDを買いにディスクユニオンへ行けば気になっていたアーティストのカタログは大抵集めることが出来るだろうし、タワレコに行けば時代の音というものをひと通りなぞるの…

アイドルファン向けだからだとか対象年齢が若いからだとかいう理由で不誠実な作品が許されるということはありえないと信じる理由について

最近『LEGOムービー』という映画を観た。これはタイトルの通り、おもちゃのレゴを題材とした映画だ。驚くべきことに映画のほとんどがレゴ(シャワーの水や爆発の煙まで!)で形成されているという、まるでアイディア一発を偏執的なまでの創造力で映画として…

「16人のプリンシパルtrois」を観てきた

16人のプリンシパルtrois 6/10に、友人と乃木坂46が行う舞台を見に行った。その名も「16人のプリンシパルtrois」という。ひどかった。 期待していなかったといえば嘘になるのだろう。僕は同じCDを何十枚と買いまくりライブには出来るだけ向かうような紛れも…

5/31

最近本当に落ち込むことや下らないことが多すぎて、自分が映画とか音楽をひたすら見たり聞きまくったりしてるのすら果たして何のためなのか、はっきり言ってよくわからなくなっていたのだけれど、そんな状態で観たベロッキオの『夜よ、こんにちは』には大い…

5/26

不気味な虚無そのものの器、キャラクターではなく単にそこにあるものとして立つ前田敦子のきわめて映画的な存在感を再確認させてくれる怪作『Seventh Code』を観たり、素晴らしきポップ・ミュージック"ラブラドール・レトリバー"を幾度と無く耳にしたり、最…

5/23

最近爆音映画祭に通っている。 ラスト・ワルツ 冒頭、"THIS FILM SHOULD BE PLAYED LOUD"という但し書きに導かれて聞こえるビリヤードの快音が最高に気持ち良い。このどこか喜劇的で遊戯性に満ちた音が映画全体を支配しているかのような気分にさせてくれる、…

5/12

乃木坂アンダーライブ 渋谷O-East(今はTSUTAYA O-East?どっちにしろ……)で3部制のうち全部を見る。ライブハウスの近距離で、60万枚CDを売っているグループのライブが見れるということでまあ非常に楽しかったです。もしかしたら2012年の年末にZepp Tokyoで…

4/21

周りの人がなんだかみんな大人に見える。年齢からすれば私も早く色々なことに折り合いをつけていかなければいけないのだが、しかし私は自分より年上なのに子供な人(というか、そう見える人)を見つけては安心して、今日も幼児的な振る舞いをしてしまうので…

4/15

乃木坂アンダーライブ ちょっと感動してしまうくらい良かったです。なんでだろうなーと考えると、単に好きなメンバーが全員いたし久しぶりに見れたからっていうのが一番の要素なのかもしれないが、しかしそれだけで言及を終わらせることも出来ない類の良さが…

4/12

『怪人マブゼ博士』(1960) オーディトリウム渋谷で。ラングはポツポツとしか見たことがない私が言うのもなんですが、とてもラングらしい(わけわからん)作品だったと言えるのではないでしょうか。ここで「ラングらしい」というのはナチスに追われる前の彼…

4/11

Bob Dylan を見に行った。9日にDiverCity Tokyoで。何回も来ているはずなのにまたZepp TokyoとDiverCity Tokyoを間違えてしまった…。 話には聞いていたが、基本的には『Love and Theft』以降の曲を中心としたアメリカン・ルーツ・ミュージック。"Tangled Up …

4/6

もう4月か……。最近家で映画を見るのが億劫になってきてしまった。集中力が持続しない。今からこのザマでは30代40代になった時にどうなってしまうのか……。 気付いたら片想い 結構聞いてる。『バレッタ』がヒドすぎましたからね~。情緒過多な湿っぽい歌謡ポッ…

3/22

Oneohtrix Point Never / patten 代官山UNITで。OPNもオープニング・アクトのpattenも突飛な発想に導かれた奔放な展開で、単純に聞いていて面白かった。で、OPNは官能的で美しいメロディが基調となっていた『R Plus Seven』の音素材を用いて陶酔的な音像を作…

3/18

天国の門 DVDで見られるのに映画をなぜ劇場で見るのか?ソクーロフなんかはテレビは人の作った光で映画は神の作った光なんてことを言ってるけれどそういうよくわからない話を置いても、やはり映画館で見る映画というのは明らかにDVDで見るそれとは違う。大画…

3/11

だらだらと遊んだりディズニーランド行ったりしました。楽しかった。しかし金がない。金が無いと映画を見に行くことも出来ずCSで録画していた映画を見たり積んでいたDVDを消化するしかない。まあそれはそれで楽しいのだけれど……。『サンダーボルト』は最高す…

3/6

このままでは三日坊主になってしまう。特に何も無かったが休日にジャニスへ行ったり握手会へ行ったりしつつ、友人と色々話して遊ぶだけで割りと人生の欲求の大部分が満たされている気がする……。 新譜 ファレルの『G I R L』、KLOOZの『Seasons』、失敗しない…

2/26

ウォーレン・バックランド『フィルムスタディーズ入門』読了。技法の一つも知らずに映画を観て偉そうなことをのたまっていた自分にとっては大いに勉強になった。まあ素人目にも初歩中の初歩中の初歩って感じは否めないが、次のステップに進む意欲をかき立て…

2/25

組閣 組閣だってさ。ハハ……この響きが絶望的に恥ずかしくアホらしい。こんなことは真面目に考えるに値しないというのをまず名前をもって明らかにしてくれている。 シニカルに46も48も所詮秋元康の管理下、まさに同じ穴の狢でそう変わるもんでも無いだろ~と…

2/24

生駒ちゃんなあ……玲奈ちゃんなあ……。 新しき世界 シネマート新宿で鑑賞。刑事がヤクザ組織に潜入しているというプロットに『インファナル・アフェア』や『イースタン・プロミス』を連想しつつも、むしろ『ゴッドファーザー』のようなアウトローたちの血の繋…

2/23

色々な人たちと久しぶりに会ったり、いつものように会ったり、初めて会ったり。全部楽しいです。ライブ行きたかったけど。 アプガ リリースイベント期間中にサンシャインシティ噴水広場とマルイシティ渋谷でイベントを2回。楽しい、というか久しぶりに見たな…

2/19

ラング『暗黒街の弾痕』を観る。光と影の美しさよ。ラング面白いなーと思いつつ未だドイツ時代の作品を見たことがないことを大いに反省しよう。 タワレコ ・The Internet / Feel Good ・アップアップガールズ(仮) / セカンドアルバム(仮) しかし4,200円…

2/18

タワレコへCDを買いに行こうとしたら入ってるビルが丸ごと休館、映画の時間を間違えてイベントにも行けず。運が悪い時は運が悪い。仕方なくTSUTAYAで『コック・ファイター』(見てなかった)と『暗黒街の弾痕』を借りて帰る。 ドラッグ・ウォー / 毒戦 シネ…

2/17

髪を切りに行く。 レンタル備忘録 ・Bruce Springsteen / Born in the U.S.A. ・Steely Dan / Can't Buy a Thrill ・Todd Rundgren / Something/Anything 『アメリカン・ハッスル』で使われてて聞きたくなったやつとか。オープニングの"Dirty Work"がこの映…

2/16

ツムツム 私、実は一昔前はXbox360やPS3で実績やトロフィーを収集する日々を過ごしていたのですが、今となってはなんとなくやる気がでない。そしてゲーマーとしての基礎体力をすり減らしていった成れの果てとして、かわいらしいディズニーのキャラクターをタ…

2/15

色々雑務が増えてきて若干忙しくなってきた。土日が潰されて嫌だという思いはもはやなく、ただただ雪の中動かなければならないのが面倒だ。 家で『コーマン帝国』を鑑賞。どこに感動したのかわからないが……とにかく感動してしまった。ロジャー・コーマンとい…

2/14

雪、在宅。家で『ミッドナイト・イン・パリ』を観る。ウディ・アレンの上流階級の描き方が鼻につくようになってしまった……。とはいえまあ悪くなかった。『皆殺しの天使』の下りは笑った。 My Love is Undergroundコンピ 待望の、ではあるけれど新曲ばっかり…

2/10~13

2/11 握手会へ向かうため幕張へ。駅を出た瞬間雪がちらついててなんで俺はこんな苦しいことをしているんだと思った。握手自体は楽しかった。もっと色々思ったことを伝えたいとシンプルなことを考えるけどそれがあの秒数だと難しい→まとめ出ししなければ……。…

2/8,9

とんでもない大雪。20年に1度と人は言うが20年後の自分はどうなっているんだろう。生きているのだろうか。 行こうと考えていたイベントにも行けず、髪を切る予定も中止。積んでいるDVDを見ようとも思えず黙々と作業するしかないというのは、これまで普通に進…

2/7

George ZimmermanとDMXがボクシングで闘うって日本に引き直すと何になるか1日中考えてたけど正解がまったく思いつきませんでした。あと日記のネタが切れてきた。 ディラン来日 チケットの詳細を全然チェックしていなかったので、追加公演をやるのを知って慌…

2/6

断捨離 というほど大したことではない。実家に戻ってきて、基本的に音楽はmp3もしくはアナログで聞くというライフスタイルになった今となっては、大量に積まれているCDはそのほとんどが用をなさないものなのだ。となると資料的価値があるものを除いて基本的…

2/5

下らないものや価値のないものに価値を見出す、というアイロニカルな視線でアイドルを消費することがクールだと思っている勘違い人間なので、そうした視線すら飲み込むキャピタリズムの猛威と、アイドルがあたかも価値ある素晴らしいものであるかのような昨…

2/4

色々 終わったので、少し気が楽になった。それにしても自分がこういうわかりやすい通過儀礼を経験したり、それを経て改めて周りの人に感謝したくなる心境になるとは思わなかった。つい前野健太の『天気予報』を聞いてしまう。 16人のプリンシパル3 はもうや…

2/3

握手券 の金を振り込んで、まったく意味のないことをやっているなあと思う次第。特に正当化することもせずに出来ずにダラダラと惰性で続けている気がする。 「落ち込んだ時に聞くアイドルソングは麻薬」という言葉があるけれど、僕はどん底に沈んだ時にああ…

2/2

インターネット の中毒性というか万能感に弄ばれてしまってはダメだなあと今更ながらに考えてしまった。とくにSNSのそれと来たら……。ということで、もうちょっと思考をまとめていくためのリハビリテーションとしてブログをやっていきたいと思います。日記代…