読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6/26

アイドルでなくなってしまったアイドルについて何も言わないこと以外に誠実な態度で接する方法というのは存在するのだろうか。好きだったアイドルが去ってしまうことについて、何かを誠実に語ったりせめて恥ずかしくないことを言おうと思ったりもするのだけれど、どう考えても何をどうしても、言った後に恥ずかしくならない言葉というものが思い浮かばない。昔は一生懸命何かを書こうとしてたりもしたけど、結局単なる自分語りになってしまう恥ずかしさから逃れることが出来ないというか……。

上半期ベスト

なぜ我々はランキング作りをやめることが出来ないのだろう。どうせ明日になったらすべて変わってるのに……ということで上半期のとりあえずのベスト・アルバム10枚。コンピや再発は除く。


銀杏BOYZ / 光のなかに立っていてね
・Kassem Mosse / Workshop 19
シャムキャッツ / After Hours
・Wen / Signals
・YG / My Krazy Life
Moodymann / Moodymann
Pharrell Williams / G I R L
・Hercules & Love Affair / The Feast of the Broken Heart
坂本慎太郎 / ナマで踊ろう
・Max Graef / Rivers Of The Red Planet

 

って感じでしょうか。相変わらず統一感が無いけれどまあ仕方がない。音に対する新たな探求の結果を見せながらリスナーへの目配せを忘れることはないという意味でポップな作品が好きです。はい。